元カノと復縁できる確率

元カノと復縁できる確率は?

元カノと復縁する確率については当然、別れた際の状況により大きく左右されます。
これらは復縁に重要なのでしっかり理解しましょう。

 

あなたから別れを告げた場合

あなたから別れを告げた場合は、冷却期間などは必要ありません、即効で元彼に連絡してよりを戻しましょう。
基本的に女性は一度別れてしまうと過去にはそれほどすがらないのです。

 

さばさばしており、あなたのことを忘れると決めてしまうと二度と戻ってこないことも多々あります。

 

彼女に振られた場合は?

一方あなたが元カノに振られた場合はどうでしょうか?
実はこの場合で彼女に何度電話しても電話にでない、メールも返信来ない、完全に拒絶されてるという場合があると思います。

 

こうなると確かに復縁の成功確率は低いと言えるのですが、このような場合は一度連絡を一切切り、冷却期間を設けるようにしましょう。

 

何度も彼女に連絡をすると、彼女の心の中ではどんどんあなたの価値が下がってきます。
こうなると復縁に成功する確率はかなり少なくなってしまいます。

 

復縁を成功させるためにも、一度元カノと連絡できない場合などは彼女への連絡をやめてみましょう。
いきなりあなたから連絡が来ないことで彼女からかかってくるということもありますし、彼女としてもどうしてるのか
「あなたのことを良いように考える」ということを行います。

 

男性の場合はあまり元カノと連絡が取れない場合についてはしばらく放置するということの方が復縁成功の一つの方法と言えます。

 

確かに女性は押しに弱いという部分もあるのですが、基本的にはこうすると女性の中でストレスがたまりますので、もし復縁できてもいつか彼女はあなたから去ってしまいます。

 

そうならないためにも、彼女に「あなたが必要だ」ということわからせることが必要となるのです。

 

このためにも一度元カノと連絡が取れない場合は冷却期間を設ける必要があるのです。

 

冷却期間はどのくらいがいいのかというと、おお旨10日程度が良いとされています。あまり冷却期間を長くとると彼女の心の中でもあなたを忘れてしまったり、ほかの男ができてしまうこともあるので
この程度の冷却期間を設けましょう、

 

冷却期間後に連絡がまだ取れない場合はもう一度5日くらい期間をあけてみるといいでしょう。

 

やってはいけないのは冷却期間後に何度も連絡してしまうことです、これではせっかく設けた冷却期間の意味がなくなります。

 

女性は臆病であり、狡猾、慎重です。

 

ですのでこれらの冷却期間についてはある程度の期間を設け慎重に復縁作業を進めましょう。