元カノとの復縁する冷却期間

元カノと復縁するための冷却期間はどのくらい必要か?

元カノと復縁したい場合の冷却期間についてですが、よく復縁のマニュアルや本などを読んでると、問答無用に冷却期間は必要と書いています。
しかしはっきりいってこれは復縁の仲を取り持ったことのない人の意見です。

 

実は冷却期間は必要な場合と必要ない場合があります。

 

これは別れた時の状況によるのです。

 

もし仮にあなたから彼女に対して別れを告げたという場合は冷却期間は必要ありません。
この場合はすぐに彼女に対して復縁を申込みましょう。

 

女性は男性とくらべ過去にこだわらないのです、あなたに振られてしまったことで彼女はあなたに対して別れる準備をはじめてしまいます。
一度別れるとなかなか復活は難しいのです。

 

また、あなたに振られたということで彼女の心の中にも早く別の彼を探そうという心理が働きはじめます。

 

ですのであなたから別れを告げたにも関わらず、元彼に復縁をする場合は早めに復縁をお願いしましょう。

 

では反対にあなたが降られた場合どのくらい復縁の冷却期間を設ければよいのか?ということですが、全く連絡しない状態を10日から2週間程度設けることをおすすめします。

 

それ以上になると彼女の心の中であなたの存在が薄れてしまうのですが、10日程度連絡しないことであなたの存在を大きく感じるときが来ます。

 

女性の感情の変化と冷却期間

 

実は女性は感情の変化が激しく、あなたを振った時の感情のままということは通常ありません。

 

生理や排卵などがあり、女性は男性と比べ感情がコロコロ変わるのです。
そのために、10日ほどあなたから連絡がないことで、彼女の心の中であなたを必要と感じる時期もくるのです。

 

特にほぼ毎日電話やメールなどで連絡してた場合はその傾向が強いと言えます。

 

逆に彼女が電話にでないからといって何度も電話したり、メールなどで連絡することはやってはいけません。
10日間の冷却期間の間に彼女はあなたに対して迷っています。

 

どうするか?また復縁できるか?など迷っているためにこの間にしつこく電話したり、頻繁にメールしたりすると彼女の中であなたの価値が下がってしまうのです。

 

ちょっと苦しい時期ではありますが、本気で彼女と復縁したい場合は必ずこの冷却期間を設け、そのご慎重に彼女にアプローチしましょう。